スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2015 FISサマーグランプリジャンプ男子個人第4戦アインジーデルン

フロイント2連勝 作山憲斗はトップ10を譲らず

2015年8月15日(土)アインジーデルン(SUI)HS117/K105

① セヴェリン・フロイント(GER) 260.8pt(113.5m 113.5m)
② ぺテル・プレヴツ(SLO) 260.3pt(112.0m 113.0m)
③ カミル・ストッフ(POL) 257.2pt(111.5m 113.0m)

 

10 作山 憲斗(北野建設スキー部) 252.3pt(109.0m 113.5m)
21 清水 礼留飛(雪印メグミルクスキー部) 239.2pt(108.5m 107.5m)
30 栃本 翔平(雪印メグミルクスキー部) 227.9pt(109.0m 103.5m)
31 伊藤 謙司郎(雪印メグミルクスキー部) 223.5pt(108.5m 100.0m)

32 小林 潤志郎(雪印メグミルクスキー部) 116.4pt(107.5m)

予選不通過 佐藤 幸椰(雪印メグミルクスキー部)

 



2戦連続表彰台だった作山は、登壇を逃したとはいえしっかりトップ10をキープ。

1本目で12位だったけど、2本目はフロイントらと並ぶ最長不倒113.5mで4位。
崩れずに巻き返してくるあたりに非凡さを感じる。