スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2014/15 FISスキージャンプワールドカップ男子個人第24戦ビケルスン

フロイント今季5勝目 ファンネメルが世界記録を、葛西は日本記録を更新

2015年2月15日(日)ビケルスン(NOR)HS225/K200

① セヴェリン・フロイント(GER) 436.7pt(237.5m 245.0m)
② アンデシュ・ファンネメル(NOR) 394.0pt(251.5m 202.0m)
③ ヨハン・アンドレ・フォルファング(NOR) 374.6pt(214.0m 219.0m)

5 葛西 紀明(土屋ホーム) 347.0pt(184.0m 240.5m)
11 伊東 大貴(雪印メグミルク) 301.7pt(170.0m 210.0m)
13 栃本 翔平(雪印メグミルク) 290.0pt(175.0m 206.0m)
19 竹内 択(北野建設) 195.3pt(162.5m 130.0m)
24 小林 潤志郎(雪印メグミルク) 155.4pt(151.0m 117.0m)
25 作山 憲斗(北野建設) 154.5pt(134.0m 135.0m)

 



前日の試合で出したプレヴツのワールドレコードをファンネメルが一夜で塗り替えた。
そして、葛西も今まで伊東大貴が持っていた240.0mを0.5m更新して日本新記録。
しかし、ファンネメルは2本目を、葛西は1本目を伸ばせず。
勝ったのは今季5勝目となるフロイント。
フライングではクルム以来の今季2勝目。

 

3位には10日前にジュニア選手権を制したばかりのフォルファング。
続いてベルタが4位に入り、地元ノルウェー勢が2~4位を占めた。