スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

スキージャンプFISワールドカップ2022/23男子個人第13戦ザコパネ

荒れ狂う風の中グランネルがHSオーバーで逆転勝利

2023年1月15日(日)ザコバネ(POL)HS140/K125

15th World Cup Competition

1 ハルヴォア-エグナー・グランネル(NOR)287.7pt
2 ダヴィド・クバツキ(POL)286.6pt
3 シュテファン・クラフト(AUT)278.5pt

予選 リザルト


激しすぎる風が吹く中、グランネルが3位からの逆転で勝利を収めた。
1本目トップだったクバツキの2本目は-1.24m/sもの強い追い風。これではさすがのクバツキもなす術がなく、15.8ptあったグランネルとの差を一気に失い、1.1pt差で勝利を失うこととなってしまった

強い追い風ゆえの高速設定。そこに一瞬追い風が弱まった為とはいえ、141.0mをぶっ飛んだグランネルの凄さたるや。しかも19点オールのテレマークも決めて見せた。

グランネルは今季5勝目。通算18勝目。
クバツキは第4戦ルカを除き依然として表彰台に乗り続けている。

風に翻弄された二人の勝負を尻目に2本とも向かい風で飛ぶことができたクラフトが今季5度目の表彰台となる3位。

なお、日本勢は札幌大会に向けて調整の為に既に帰国済み。

WC総合順位