スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

FISコンチネンタルカップ2019札幌

アイグナー コンチネンタルカップ札幌初戦を制する

2019年1月18日(金) 札幌(JPN)HS137/K123

11th Continental Cup Competition 

 クレメンス・アイグナー(AUT) 229.5pt 132.5m 127.5m
 アンドレアス・ヴァンク(GER) 215.0pt 127.5m 134.0m
 ネイチ・デズマン(SLO) 208.8pt 128.5m 134.5m
 
9 竹内 択(北野建設) 189.5pt 129.0m 129.0m
18 伊藤 謙司郎(雪印メグミルクスキー部) 167.8pt 123.0m 131.0m
24 岩佐 勇研(東京美装グループスキー部)122.5pt 127.5m81.5m

オフィシャル リザルト


 

キャンセルとなったトルコのエルズルム大会の代替試合。

 

例年、札幌ではコンチネンタルカップ3連戦が国内試合を兼ねて行われていたが、今季はそのうちの1試合がコンチ杯と切り離されて開催されることになり、よってコンチ杯は1試合減り2連戦となる予定だった。
コンチ杯がなぜ1試合減ったのかについては先日も書いた通り謎のままだが、結局この代替試合が組まれたことにより今年も3連戦となった。

 

でも、これはあくまでも代替試合。
開催国枠があるわけではなく、よって国内若手選手たちの貴重なCOCポイント獲得の場とはならずじまい。