スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2013/14 FISスキージャンプワールドカップ個人女子第3戦ヒンターツァルテン

2013年12月22日(日) ドイツ ヒンターツァルテン HS108

沙羅、開幕3連勝!

優勝 高梨 沙羅 (クラレ) 239.9
2位 イリーナ・アバクモワ (ロシア) 227.9
3位 カリーナ・フォークト (ドイツ) 224.7

24位 伊藤 有希 (土屋ホーム) 181.7
46位 小浅 星子 (ライズJC) 65.0

失格 渡瀬 あゆみ (アインファーマシーズ) 

予選落ち 岩渕 香里 (松本大学) 
予選落ち 山田優梨菜 (白馬高校) 

 

開幕して3戦だけでいうのは早いかもしれないけど、女子は昨シーズンとは勢力図が塗りかえられているような気がします。
イラシュコの復活は予想されていたこととはいえ、その他の強豪は今一つで、逆に新鋭が台頭。
オリンピックまでに一躍金メダル候補になりそうな新星が誕生しても全然おかしくない状況。

そんな中、変わらず真価を見せつけているのが沙羅。
この日も圧勝という勝ち方ではないけれど、さらっと簡単に勝っちゃった印象。

年明けにはヘンドリクソンが復帰してくるというけど、さて、どうなりますか。

 

年内の女子の試合はこれで終了。

既に発表済みの年明け3日、4日のロシア遠征メンバーは下記の6名。
高梨 沙羅 
茂野 美咲 
渡瀬 あゆみ 
吉泉 賀子
岩渕 香里
山田 優梨菜

伊藤有希は国内調整とのこと。