スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

第95回全日本スキー選手権大会ラージヒル 兼 第16回SBC杯スペシャルジャンプ白馬大会

竹内択が全日本選手権ラージヒル初制覇

2016年11月6日(日) 長野県 白馬ジャンプ競技場 HS131/K120 

SBC杯(ゲート1本目14、2本目13) 

① 高梨 沙羅(クラレ) 255.1pt(130.0m 125.5m)
② 伊藤 有希(土屋ホーム) 139.6pt(110.5m 89.5m)
③ 勢藤 優花(北海道メディカルスポーツ専門学校) 130.7pt(90.5m 107.0m)

 

女子組リザルト

 

全日本LH(ゲート1本目11、2本目11)

① 竹内 択(北野建設) 242.8pt(127.5m 132.5m)
② 作山 憲斗(北野建設) 239.6pt(130.0m 130.0m)
③ 葛西 紀明(土屋ホーム) 238.0pt(129.5m 131.5m)

 4 岩佐 勇研(札幌日本大学高校) 233.7pt(127.5m 128.5m)
 5 小林 陵侑(土屋ホーム) 232.7pt(124.5m 128.5m)
 6 鈴木 翔(japan at home) 229.8pt(129.5m 132.5m)
 7 伊東 大貴(雪印メグミルク) 228.1pt(118.5m 127.5m)
 8 永峯 寿樹(明治大学) 221.7pt(125.0m 127.5m)
 9 佐藤 幸椰(雪印メグミルク) 215.4pt(126.0m 121.0m)
10 永井 健弘(盛岡市役所) 211.5pt(117.0m 127.0m)

 

男子組リザルト

 


 

史上初のゲートファクターとウィンドファクターが採用された全日本選手権。
冬に開催されていたためWC遠征組不在で決めていた全日本チャンピオンの座を、全員参加で競わせようと昨年からWC開幕前に開催されるようになった。

 

そしてこの試合は、全日本蔵王NH、名寄吉田杯からなるアジア大会派遣選手選考3試合の初戦でもある。

 

ちなみに、世界選手権の選考基準は、「1月7日時点でのW杯スタンディング、及び国内大会の成績を参考にコーチ会議にて選手男子5名、女子4名を選考する」ということらしい。
W杯スタンディングと国内大会の成績を「参考に」選考するということなので、いろいろと大人の事情が入り込むであろうことが想像される。

 

一方、アジア大会の選考基準は、「11月の白馬LH・蔵王NHの第 95 回全日本スキー選手権大会、12月の第32回吉田杯ジャンプ大会の成績をもとに選出する」とある。
こちらは純粋に成績のみで選考されると読み取れるんだけど・・・

 

だとすると―
この日の表彰台の3名は世界選手権で抜けると仮定すると、選考レースのトップは勇研ということになるかな。