スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2018/19 FISスキージャンプワールドカップ女子個人第5戦プレマノン

アルトハウス3連勝 ルンビ2位 高梨3位

2018年12月16日(日) プレマノン(FRA)HS90/K81 

6th World Cup Competition 

 カタリナ・アルトハウス(GER) 249.6pt 85.0m88.5m
 マーレン・ルンビ(NOR) 235.5pt 85.5m 83.5m
 高梨 沙羅(クラレ) 233.3pt 83.0m 80.0m
 
18 伊藤 有希(土屋ホームスキー部) 216.3pt 79.0m 81.0m
23 丸山 希(明治大学) 203.7pt 75.0m80.0m
26 勢藤 優花(北海道ハイテクアスリートクラブ) 197.6pt77.0m77.5m
27 岩渕 香里(北野建設)197.5pt76.5m77.0m
37 岩佐 明香(日本大学)85.9pt70.0m 

予選 リザルト

オフィシャル リザルト


 

アルトハウスが3連勝でイエロービブをキープ。
昨季序盤に見せた完全無欠の状態ほどではないにせよ、状態はかなりそれに近づきつつあるように見える。

 

1本目で2.3pt差の2位につけたルンビ。
今季初優勝の期待もかかったけど、2本目は攻めきれず2位フィニッシュ。
今季5戦が終わって2位は3度目。

 

沙羅は前日と同様に条件に恵まれなかった。
そのせいもあって2本目はK点にすら届かずじまい。
4位クリネツとの差は0.1pt。薄氷の表彰台だった。

 

6位のヤコブレワはスタンディング2位をルンビに奪われはしたが、開幕からの連続シングルを継続中。
後輩に負けてはいられないとチホノワが2戦連続の8位。シングルは通算4回目。

 

さて、これで年内のスケジュールは終了。
次戦は日本シリーズ初戦となる1月12日。
舞台は女子初開催となる札幌大倉山。

 

スタンディング(12/16時点)