スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

第20回全日本ジュニア&レディースサマージャンプ朝日大会 レディース編

高梨沙羅がただ一人K点越えを2本揃える圧勝 GP組が上位独占

2016年7月30日(土) 士別市 朝日三望台シャンツェ ミディアムヒルHS68/K60 

 

高梨沙羅

 

女子の部(ゲート1本目24、2本目24) 

① 高梨 沙羅(クラレ) 234.5pt(62.0m 60.5m)
② 伊藤 有希(土屋ホームスキー部) 223.1pt(59.0m 60.0m)
③ 勢藤 優花(道メディカルスポーツ専門学校) 213.9pt(59.0m 57.0m)

4 岩渕 香里(北野建設スキークラブ) 205.9pt(58.0m 55.5m)
5 五十嵐 彩佳(下川商業高校) 190.2pt(54.0m 54.0m)
=6 丸山 純(東海大学) 175.8pt(51.0m 51.0m)
=6 茂野 美咲(CHINTAIスキークラブ) 175.8pt(51.0m 51.0m)

 


 

45名がエントリーした女子の部。
昨年のエントリーが37名、一昨年が29名、その前年が23名。
ここ数年の女子の競技人口の伸び率には目を見張るものがある。

 

この伸び率の最大の理由が高梨 沙羅の存在であることは間違いないだろう。
その沙羅ちゃんをはじめ、一足早くフランスでサマーシーズンをスタートさせたGP遠征組が揃って出場するとあって多くの観客とマスコミが集まった。

 

終わってみればGP組が上位を独占。
やはり力の差はあるかな。
そんな中、3週間前の国内開幕戦で5位、そしてこの日も5位に入った五十嵐 彩佳の頑張りは称賛したい。
渡邉 陽が卒業した今、高校生では彼女と丸山 希がトップ争いを演じていきそう。

 

女子の部

高梨 沙羅
① 高梨 沙羅(クラレ)

 

伊藤 有希
② 伊藤 有希(土屋ホームスキー部)

 

勢藤 優花
③ 勢藤 優花(道メディカルスポーツ専門学校)

 

岩渕 香里
4 岩渕 香里(北野建設スキークラブ)

 

五十嵐 彩佳
5 五十嵐 彩佳(下川商業高校)

 

丸山 純
=6 丸山 純(東海大学)

 

茂野美咲
=6 茂野 美咲(CHINTAIスキークラブ)

 

表彰式

高梨沙羅
伊藤、高梨、勢藤、岩渕

 

高梨沙羅
女子表彰

 

岩渕香里
女子表彰

 

高梨沙羅
最長不倒賞 
二階堂 蓮(中学生64.0m)、湯瀬 一磨(小学生36.0m)、高梨 沙羅(女子62.0m) 
商品はお米。沙羅ちゃんは足元に置いてくれたが蓮くんは有無を言わさず持たされた。 

 

 

エントリーが増えたのは喜ばしいことだけれど、そのせいか、以前やっていた試合後の団体戦をやらなくなったのが残念と言えば残念。
あれ、結構面白くて好きだったんだけどなぁ。

 

 

高梨沙羅