スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

第38回吉田杯ジャンプ大会

竹内択が連勝 小林諭果はK点越えでV

2022年12月18日(日)北海道名寄市 名寄ピヤシリシャンツェ HS100/K90

女子組(ゲート1本目24、2本目25)

1 小林 諭果(CHINTAIスキークラブ)226.0pt
2 一戸 くる実(N高等学校)213.5pt
3 齋藤 優(下川商業高校)199.5pt
 
4 佐藤 柚月(札幌日大高校)193.0pt
5 岩佐 明香(大林組スキー部)192.5pt
=6 久保田 真知子(早稲田大学)181.0pt
=6 中山 和(下川商業高校)181.0pt
8 櫻井 梨子(あいおいニッセイ同和損保スキー部)176.5pt
9 岩崎 里胡(下川商業高校)171.0pt
10 日野森 琥珀(余市紅志高校 )166.0pt

リザルト

男子組(ゲート1本目12、2本目12)

1 竹内 択(team taku)233.5pt
2 内藤 智文(米沢スキージャンプクラブ)228.5pt
3 小林 朔太郎(慶応義塾大学)221.5pt
 
4 伊藤 将充(土屋ホームスキー部)219.5pt
5 坂野 旭飛(下川商業高校)215.0pt
6 栃本 翔平(雪印メグミルクスキー部)212.5pt
7 池田 龍生(慶応義塾大学)211.0pt
8 山川 太朗(東京美装グループスキー部)210.0pt
9 山元 豪(ダイチ)209.0pt
10 原田 侑武(雪印メグミルクスキー部)208.5pt

リザルト


昨日、国内戦で4年ぶりの優勝を果たしたばかりの竹内択が連勝。
今季の目標は国内での勝利だったようだが、雪上初戦でいきなり達成して2戦目で早くもお釣りが来た。
次の目標は3年ぶりのワールドカップ。

小林諭果は、女子ではただ一人のK点オーバーで10月の鹿角サマーに続く勝利。
前日に続いて、チームメートとも呼べる一戸くる実とワンツー。

昨季の宮様ノーマルでシニア初優勝を遂げた高校2年:齋藤優が3位。
なお、9位の高校2年生:岩崎里胡は前日は3位でシニア初表彰台。この夏に急成長した今一番勢いのある女子高校生。