スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

令和3年度全国高等学校総合体育大会 第71回全国高等学校スキー大会

中村正幹が大会連覇 女子は中山和が連覇

2022年2月7日(月)岩手県 八幡平市矢神飛躍台 HS87/K80

スペシャルジャンプ女子(公開競技)

1 中山 和(北北海 下川商高2年)231.0pt
2 櫻井 梨子(南北海 余市紅志高3年)224.5pt
3 宮嶋 林湖(長野 白馬高3年)216.5pt
 
4 葛西 春香(南北海 東海大札幌高3年)210.5pt
5 葛西 優奈(南北海 東海大札幌高3年)208.0pt
6 岩崎 里胡(北北海 下川商高1年)196.5pt

リザルト

スペシャルジャンプ男子

1 中村 正幹(南北海 東海大札幌高2年)230.0pt
2 山﨑 叶太郎(長野 飯山高2年)227.5pt
3 杉山 律太(北北海 下川商高1年)224.0pt
 
4 坂野 旭飛(北北海 下川商高1年)223.5pt
5 山川 伶欧(新潟 新井高2年)218.0pt
6 鈴木 寛太(長野 白馬高3年)212.0pt
7 成田 絆(秋田 花輪高1年)210.5pt
8 平田 悠理(長野 白馬高3年)206.5pt
9 湯瀬 一磨(秋田 小坂高1年)205.0pt
10 小野沢 秀太(長野 飯山高1年)204.0pt

リザルト


男子は2年生の中村正幹が優勝。兄の直幹も獲れなかったインターハイ優勝を2年連続で成し遂げた。
連覇は佐藤幸椰(札幌日大高)以来8年ぶり。その幸椰は史上唯一の3連覇を達成しているが、それに続けるか。
最大のライバルであり、未来のチームJAPANを共に背負って立つことになるであろう坂野旭飛は4位。

シニア大会でも優勝する力を持った選手が揃う女子では、3年生たちを退けて2年生の中山和が連覇。
女子の連覇は岩佐明香(札幌日大高)、渡邉 陽(札幌日大高)に続く3人目。
それにしても女子はいつまで公開競技の扱いを続けるのだろう。

入賞者の顔ぶれを見ると、男女ともにコンバインド勢の活躍が目立つかな。

大 会男子優勝者女子(公開競技)優勝者
第60回 清水 礼留飛(新井高2年) 開催なし
第61回 佐藤 幸椰(札幌日大高1年) 岩渕 香里(飯山高3年)
第62回 佐藤 幸椰(札幌日大高2年) 岩佐 明香(札幌日大高1年)
第63回 佐藤 幸椰(札幌日大高3年) 岩佐 明香(札幌日大高2年)
第64回 栗田 力樹(白馬高1年) 渡邉 陽(札幌日大高2年)
第65回 伊藤 将充(下川商高3年) 渡邉 陽(札幌日大高3年)
第66回 宮﨑 敬太(花輪高2年) 鴨田 鮎華(下川商高1年)
第67回 西森 海翔(下川商高3年)
 竹花 大松(東海大札幌高1年)
 勢藤 理桜(下川商高1年)
第68回 藤田 慎之介(東海大札幌高3年) 宮﨑 彩音(飯山高1年)
第69回 二階堂 蓮(下川商高3年) 宮嶋 林湖(白馬高1年)
第70回 中村 正幹(東海大札幌高1年) 中山 和(下川商高1年)
NEW 中村 正幹(東海大札幌高2年) 中山 和(下川商高2年)